検査項目について

健康診断には、労働安全衛生法で決められた法定健康診断と定期健康診断の2種類があります。
全ての病気を発見するためには、様々な検査を受けなければならないので、この2種類の健康診断では、検査項目をしぼり、背後に疑わしい病気が隠れている場合に限り、精密検査を受けるように指導します。

ただし、健康診断を行う際には、年齢が上がるごとに検査項目が増えるようになっています。
これは、生活習慣病や加齢に伴い、罹患率が上がる病気を効率的に発見することを目的としているからです。
全ての人が同じ項目で健康診断を行っても、医療費ばかりがかさみますし、年齢に応じて検査項目を変える方法は、若くて病気の罹患率が低い方にとっては負担を軽くすることにもつながっているといえるでしょう。

ところで、健康診断を行う際には、最後に医師からの問診がありますが、これは、検査項目にはない隠れた疾病がないかを把握するためです。
また、健康的な生活を送るためのアドバイスを行う貴重な機会にもなるので、健康が取り柄だという人も面倒に思ってはいけません。
健康診断の数値に異常が出始めた時点で、的確な指導を医師から受けることができれば、病気の予防に繋がるからです。
ですから、普段から病院へ出向く機会がない人も、大病を抱えているという状態を見逃さないために、医師による問診にも丁寧に応じてください。
自分の健康を守るのは自分自身なので、このことを肝に銘じておきましょう。